高等学校 家庭科

教科書

新書道Ⅰ 004

B5版/110ページ/オールカラー

新書道I

 新学習指導要領で「書道I」の必修となった「漢字仮名交じりの書」。
  「新書道I 005」は、その漢字仮名交じりの書をどうやって指導したらよいか徹底的に考え、新しい学習展開を提案する教科書目指して編集しました。
著 者監修 
  戸田提山(日展参与)
編集・執筆
  阿辻哲次(京都大学総合人間科学部教授)
  黒須 猛(埼玉県立鷲宮高等学校教諭)
  澤田雅弘(群馬大学教育学部教授)
  關 正人(日展評議員)
  辻元大雲(元千葉県立木更津東高等学校教諭)
  土橋靖子(大東文化大学講師)
  名児耶明(五島美術館学芸部長)
  野口白汀(大東文化大学名誉教授)
編集協力
  荒井一浩(東京学芸大学附属高等学校教諭)
  小倉正俊(群馬県立高崎工業高等学校教諭)
  齋藤克美(埼玉県立大宮光陵高等学校教諭)
  齋藤正夫(埼玉県立三郷北高等学校教諭)
  白井 孝(千葉県立千葉商業高等学校教諭)
  村松慎介(栃木県立宇都宮高等学校教諭)
ポイント①オールカラーのビジュアルな教科書です。
②中学校国語科書写からの導入をスムーズに図るため、「漢字仮名交じりの書」を最初の領域にしました。
③「漢字の書」「仮名の書」は、確実に技法が身につくよう内容を精選し、重点的な学習ができるよう配慮しました。
④随所に「テーマ学習」を設け、自学自習できるよう工夫しました。

主な内容

1 漢字仮名交じりの書の学習
1 書写から書道へ/2
2 書の美とは/3
3 漢字仮名交じりの書とは/4
4 表現と用具・用材/6
5 用筆・運筆による工夫I/8
6 用筆・運筆による工夫II/10
7 文字の大きさと配置の工夫/12
8 古典を生かすI/14
9 古典を生かすII/16
10 古典を生かすIII/18
11 自分自身の表現を求めて/20
12 漢字仮名交じりの書の創作例/22
13 漢字仮名交じりの書の鑑賞/24
14 くらしに生かす書I/26
15 くらしに生かす書II/28
16 くらしに生きる書/30

2 漢字の学習
1 古典から学ぶ/32
2 楷書の成立/34
3 楷書の基本用筆/34
4 孔子廟堂碑の鑑賞と臨書/36
  テーマ学習 唐の四大家/38
5 楷書古典の鑑賞/40
6 楷書の作品の鑑賞/42
7 行書の成立/44
8 行書の特徴/44
9 集王聖教序の鑑賞と臨書/46
  テーマ学習 書聖王羲之と蘭亭序/48
  折込 神龍半印本蘭亭序 風信帖  
10 風信帖の鑑賞と臨書/49
11 行書古典の鑑賞/50
12 行書の作品の鑑賞/52
  テーマ学習 隷書の基本/54
  落款と雅印/62
  名前の印を刻ろう/64

3 仮名の学習
1 仮名の成立/66
2 仮名の用筆と基本的な筆づかい/68
3 仮名の単体/70
4 変体仮名/72
5 連綿について/74
6 高野切第三種の鑑賞と臨書/76
7 仮名の書の創作/78
8 仮名の構成について/80
9 仮名の古典の鑑賞/82
10 仮名の作品の鑑賞/88

指導書

「新書道I 005 指導資料」
(古典鑑賞サポートCD-ROM付)
B5判/160ページ
定価 本体6,800円+税 

 
page先頭へ